2013年10月09日

第13回レッスン

レッスン第13日目。
対話練習教材(EASY)
1-17 Apartments for Rent

今回は、本当にひどい準備不足だった。
今回から1回に進む量を1つだけにしてもらったのだが、その一つを練習するのに手いっぱいで、
前の分の復習が何一つできていなかった。
英文を覚えていないから、日本語訳を見て、なんとかその日本語に合う英文をひねり出そうとするのだが、
そうすると、とんでもない間違いをする。当然だ。自分のなかにきちんとした英文の蓄積がないから。
英文の「自動化」ができていないから、頭の中で英文法を使って、文章を組み立てようとするのだが、相手との対話という短い時間の中ではそれは不可能で、結局動詞の三単現を落としてしまったり、イディオムを間違えたりといった、間違いばかりをしでかしてしまう。
これまでに学んだ対話文は、完全に自動化できるまで繰り返し復習しなければならない。
次回のレッスンは、少し間を空けてもらうことにした。
本気で時間を作って、これまでの文を復習しなければ。
せっかくモニターというチャンスをいただいているのに、活かしきれていないのは、桜井さんに対しても、他の学習者の皆さんに対しても申し訳ない。
posted by ヨッシー at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月03日

第12回レッスン

レッスン第12日目。
対話練習教材(EASY)
1-15 DVD Movie Rentals
1-16 Video Rental Shop
今日は、またまた練習不足。
新たな2回分だけしか練習できなかった。
前の部分を対話練習しようとすると、覚えていないところが多々あり、まったく対話がスムーズに進まない。
やはり、しっかりと自分の身になるまで復習を欠かしてはいけないことを再認識した。
一度覚えたと思っても、やはりしばらくの時間が経つと忘れてしまう。
忘れたところをまた補うために、何度も繰り返し復習することは必須だ。
なんとか時間を見つけて、練習を続けていきたい。
posted by ヨッシー at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月24日

第11回レッスン

レッスン第11日目。
対話練習教材(EASY)
1-13 Train Tickets
1-14 Party Time
新しいものは練習不足で、きちんと覚えていないために、ぶつぶつと途切れてしまう。
いままでのものは、だいぶすらすら出てくるようになった。
やはり、何回も何回も口に出して練習するということで、だいぶ自分の身になっているということがわかる。
今日のスキットでは、
I just know you two will hit it off.
が、なかなか口から出てこなかった。
hit it off の表現がほとんど私にとってnewだったから、まだまだ自分のものになっていない。
すらすら出てくる表現は、自分のものになっているのだと思う。
次の目標は、自然な会話の中でそれがうまく使えるようになればいいということ。
そこまでは、まだまだ先が長い。
練習。練習。
posted by ヨッシー at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月09日

第10回レッスン

レッスン第10日目。
対話練習教材(EASY)
1-10 Shopping for the Day
1-11 Christmas is Coming

早いもので、桜井さんのもとで学習を初めて今日で10回目。
6月から始めたので、3ヶ月が経ったことになる。
読んで理解はできる台詞でも、言えないことって、非常に多い。それは、これまで、英語を話す訓練をまったくしてこなかったためなのだということを、この3ヶ月で実感している。
結局、アウトプットする訓練が、圧倒的に足りていないということ。
それを、桜井さんの指導の下、強制的に週に2本ずつ、対話素材を記憶するという作業を積んで、自分の中の使える表現を増やしていく。
数日前、外国人の友達と英語で話したら、少しだけ、以前よりも話せてるかも? という経験をした。
その人も英語はネイティブではない、外国語。
英語が母語ではない外国の人たちは、だいたい、日本人よりも(いや、もっと正直に書いて、私よりも)英語を話せる。
どうして私は話せないんだろう? と、いつも劣等感を抱いていたけれど・・・
その原因は、実は上に書いたように、アウトプットの練習が圧倒的に足りていないということだった。
世界中の、いろいろな国の人たちと、母語は違っても、英語でならコミュニケーションできる。
自分の思いをもっともっと、英語できちんと伝えられる・・・そんな日がくることを、楽しく想像しながら、これからも練習に励みたい。
posted by ヨッシー at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月02日

第9回レッスン

レッスン第9日目。
対話練習教材(EASY)
1-9 Spending Money
1-10 Shopping for the Day
いつもながら、練習量が足りなかった。
文をパーツごとにぶつぶつと区切ってしまうので、聞いている人にはまるで文章を読んでいるように聞こえてしまうということだった。
もっと自然に、速く、1文をつなげて言うようにしましょうとアドバイスをいただいた。
とにかくもっと練習。練習。
posted by ヨッシー at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月13日

第8回レッスン

レッスン第8日目。
対話練習教材(EASY)
1-7 Family Activities
1-8 Family Relationships

毎回の事だが、意識しないと、単語ごとに音がぶつぶつ切れてしまう。
録音していただいた自分の声を聴くと、最初にやった部分は、ぜんぶそう。
「息を連続して変化させると、英語として自然な音になる」ということをもっと意識して練習しなければ。
桜井さんに教わる前は、発音記号の一つ一つの音の発音の仕方に注意して、単語一つ一つの発音にこだわっていたため、音の連続ということをあまり考えていなかった。
音を連続させて、リズムを強調することが大切。そうすれば、自然な音になるし、発音もしやすいし、覚えやすい。・・・・うーん、毎回同じことを言われていながら、なかなか改善しない。
でも、今回のレッスンでは、後半は音をつなげることに意識を集中してみた。そしたら、なんだか、楽に発音できる。やはり、桜井さんのおっしゃる通り。
癖というものは、やはり無意識についてしまっているものなのだから、意識して矯正するようにしなければならないのだなと、改めて思う。
録音していただいた自分の声を聴いて、自分で悪い所を見つけて、改善していく。地道なそのような作業の繰り返しをしていきたいと思う。
夏休みの予定が入って、次回のレッスンまで少し間が空く。油断しないで(?)練習したいと思う。

posted by ヨッシー at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月06日

第7回レッスン

レッスン第7日目。
対話練習教材(EASY)
1-5 Happy Birthday
1-6 A Dayat School
今回の新しい2話に関しては何とか覚えて、言うことができたが、1から4までの復習をしていただいたら、まったく覚えていなくて、しどろもどろだった!!
大反省!! まったく身になっていない!?
桜井さんの「覚えて話す英会話」という理念というか、手法をしっかり頭に叩き込まなければならない。
なんのために、桜井さんにも貴重な時間を使っていただいて、モニターをさせていただいているのか。
英語を話すためには、自分の中に、たくさんの英語表現を覚えて持っていることが不可欠。そのためにはまず、音を聞いて、覚える。
1つ1つを確実に覚えていけばいくほど、次の新しい課題も覚えやすくなっていく、と桜井さんはおっしゃる。
しかし、確実に覚えるためには、やはりそれなりの時間をかけなければならないと思う。
私はやはり、練習時間不足。もっと頑張らなくては。
posted by ヨッシー at 15:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月23日

第6回レッスン

レッスン第6日目。
対話練習教材(EASY)
1-3 Phone Message
1-4 A Fun Day
相変わらず音が単語ごとに切れてしまう。
英語をホリスティックに考えて、全体の音をとらえるようにと指摘された。
これまで私がしてきた学習は、一つ一つの発音記号を丁寧に出していくやり方だったので、一つ一つの音の要素にこだわりすぎてしまって、文全体の連続した音を出せていないようだ。
文の頭を強く言って、そのまま一息で息を連続させて出すようにと、桜井さんからはアドバイスを受けた。
その方が楽に発音ができるという。
前回練習した1-1や1-2は、今回のものよりも連続した音が出せていると言っていただけた。
やはり慣れもあるのだと思う。何回も音を聞いて、音をまねて言えるようにしていきたいと思う。


posted by ヨッシー at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月17日

第5回レッスン

レッスン第5日目。
対話練習教材(EASY)
1.1 Reading Time
1.2 Snack Time
2本とも、子どもとお父さんとの会話。素敵なお父さんだなと思いながら・・・
子どもになって英語をしゃべるのが楽しかった。
もうすぐ夕ご飯だから今の時間にスナックはだめだよ、キャンディはだめだよ、と言いながら、
What else can you suggest? と提案を求めるお父さん。小さい子どもにもきちんと意見を求めることで、正しく自己主張する文化が育っていくのだなあと感心する。
さて、私の学習のほうだが、なかなか覚えきれていなくて、桜井さんとのロールプレイでも、ところどころ不自然に間が空く。
それでも、丸暗記ではなくて、その場にふさわしい表現が出てくれば良いと桜井さんはおっしゃってくださった。
聞いて覚えた表現が出てこなくても、自分の頭の中にある、その場に合った言葉を出せればいいと。
録音してもらった自分の音を聞いて、悪いと思ったところは直すべきだが、そちらの方が良いと思えばそれを使う。そのように自分で判断をする力をつけることが重要だと言われた。
でも、やはりテキストにあるこの表現、この音がベストだと思うので、それを覚えるのがベストだと思う。
覚えきりたい。
私はお芝居が好きでよく観に行くのだけれど、自分も役者になった気持ちで、台詞を覚えきればいいのだろうと思う。いろいろな役になりきる役者さんはすごいと、改めて思う。
この対話練習をずっと続けて行って、自分の中のストックがどんどん増えていったら、今よりはるかに楽に英語をしゃべれているだろうか。とっても楽しみ。
posted by ヨッシー at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月08日

第4回レッスン

レッスン第4日目。
基本例文500シリーズ。
ファーストステップ最終回。
今までの文よりも長いものが多い。口が回らない。
自習時間がまったく少なかったと思う。例文を覚えていないために、英文を見て必死に1語1語発音しようとしてしまった。これでは自然な会話とは言えない。どうしても1語1語区切った発音になってしまい、スムーズさがまったくなかったし、発音もしづらい。
前回も桜井さんから言われたように、最初の音に力を入れてあとは息を続けて言うようにする、ということを意識してやっていきたいと思う。
次回からは対話練習に入る。今日はそのやり方の説明を受けた。
大切なことは、文字はないことを前提に、音をそのまま聞いて覚えること。そしてそのイントネーションとリズムをまねする。どうしてもわからないところは文字を見てもいいが、なるべく見ない。
聞こえた音をそのまま真似して覚えることにより、
1、発音が良くなる
2、リスニングが良くなる
3、使える表現が増える
という効果がある。
しっかり練習して、きっちり覚えてレッスンに臨みたい。
posted by ヨッシー at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。